クリスマスは風俗が良い

卒業するとのことだったので…

デリヘル店から電話がかかってきたんですよ。それまで何度も風俗で遊んでいましたけど、デリヘルから電話がかかって来たのは初めてですね。電話番号は知られているので、電話がかかってきてもおかしな話ではないとは思いますけど、一体何事何だろうって。もしかしたら何かのトラブルなのかなって思ったら、何回か指名していたデリヘル嬢が卒業するとの連絡だったんですよ。これはなかなかありがたかったですね。最近指名することが増えていたのでこれはありがたいなって思ったんですよ。それで改めて指名しました。彼女が言うには、風俗業界を卒業して地元に帰ると。いろいろな事情があるとは思いますけど、こうして最後に出会えたのは良かったなって思いましたよ。いつだったか、それなりに指名していたお気に入りの風俗嬢を見かけないなって思って店員さんに聞いてみたら「辞めてます」と言われた時にはさすがにびっくりしちゃいましたからね。別れを告げられて良かったなって。

頑張ることは悪いことじゃないですしね

頑張ってくれる風俗嬢、大好きです(笑)今の時代は必死に頑張ることがダサいみたいに思われていますけど、むしろ頑張ってくれる方が心を動かされますよ(笑)上手な風俗嬢よりも、むしろそこまで上手ではないとしても一生懸命自分のために頑張ってくれるような風俗嬢の方が自分としては楽しいなって。風俗って気持ちの問題の方が強いと思うんですよね。そもそも、風俗と言うジャンルそのものが快感をもたらすだけじゃなくて、男のプライドを満たすためのものだとも言われているじゃないですか。フェラにしたって気持ち良いからじゃなくて、プライドを満たすためのものだっていう声だってありますしね。だからこそ自分のために頑張ってくれている風俗嬢の存在はそれだけでもありがたいんです。それに、これは自分の話ですけど、自分のためにそこまで頑張ってくれ存在はいません。だから風俗嬢と楽しんでいると、自分のアイデンティティそのものも満たされるんですよね。